社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

JMC(社)日本販路コーディネータ協会
TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス
販路コーディネータとは 販路コーディネータになるには 販路コーディネータとして活動する 協会について
販路コーディネータ資格とは
マネジメントマーケティングの考え方
通信講座と試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
資格者の活動紹介
活動を始めるスキルアップする
協会案内
公的支援機関との取り組み
プレス
ニュース/プレス新着情報

■2019年10月26日 日本経済新聞土曜版 NIKKEIプラス1 「何でもランキング」「江戸時代へタイムトラベル 旅情を誘う宿場町10選」

(一社)日本販路コーディネータ協会と連携する(一社)日本観光文化協会では、日経新聞の土曜版NIKKEIプラス1の「何でもランキング」で「江戸時代へタイムトラベル 旅情を誘う宿場町10選」と題し、全国にある訪ねてみたい風情あふれる宿場町が紹介され、その選定専門家に協会会長の小塩稲之が選出されました。

小塩稲之のコメント

1位 妻籠宿(長野県南木曽町)「常夜灯や水場が宿場の面影をしのばせ、古い町並みを保存した宿場町観光の代表的存在」
6位 海野宿(長野県東御市)「北陸の諸大名の参勤交代や善光寺(長野市)に参詣する客で栄え、今も当時の旅を追体験できる」
10位 熊川宿(福井県若狭町)「交通と軍事の拠点でもあり、浅野長政が生きた江戸初期に思いをはせるのも面白い」
とのコメントが掲載されました。

調査の方法

全国の宿場町の中から専門家の協力で主な26カ所をリスト化。「江戸情緒を感じられる風情」と「観光地としての魅力」にアクセスの良さも加味し、10人の専門家にそれぞれ1〜10位までの順位付けを依頼。編集部で集計した。

専門家

▽有金淳(いこーよ感動体験プレゼンター)▽井上幸一(全国古民家再生協会顧問)▽小塩稲之(日本観光文化協会会長)▽水津陽子(地域活性化コンサルタント)▽立川弘樹(阪急交通社メディア営業1部国内営業2課)▽千葉千枝子(淑徳大学教授)▽中尾隆之(町並み紀行家)▽沼田阿友美(KNT−CTホールディングス国内旅行部)▽山野井友紀(日本政策投資銀行地域企画部副調査役)▽横倉和子(日本旅行総研研究員)=敬称略、五十音順

[NIKKEIプラス1 2019年10月26日付]


  <お問い合わせ先>
(社)日本販路コーディネータ協会本部事務所

〒115-0045 東京都北区赤羽西4-4-2倉上ビル1階
Eメール office@hanro.jp(代表) 
TEL 03-5948-6581(代表)

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.