社団法人日本販路コーディネータ協会が認定する販路コーディネータ資格は、商品企画、製品開発、販売チャネル戦略構築で活躍する、マーケティングコンサルタント資格です。

JMC(社)日本販路コーディネータ協会
TOP  無料メールマガジン登録  資格認定試験日程  プレス
販路コーディネータとは 販路コーディネータになるには 販路コーディネータとして活動する 協会について
販路コーディネータ資格とは
マネジメントマーケティングの考え方
通信講座と試験で資格取得する
研修と小試験で資格取得する
資格者の活動紹介
活動を始めるスキルアップする
協会案内
公的支援機関との取り組み
協会のご案内
協会活動のご案内
理事長挨拶
認定講師紹介
認定講師講演・セミナー派遣
活動と沿革
提携機関
組織体制
交通アクセス
プライバシーについて

書籍
書籍「つくる」から「売れる」へ
公的支援活動
公的支援活動


認定講師プロフィール

プロフィール



掛札 彰久

(かけふだ あきひさ)

ビジネスコーチング、地域ブランド、マーケティング、販売・営業指導などを得意とし秋田と東京を拠点に活躍する。掛札マネジメントラボラトリー代表。JMC認定販路コーディネータ1級、JMC認定講師。JSRA認定セールスレップ1級、JSRA認定講師。 経営コンサルタントとしてのスタートが販売・営業管理、マーケティングであり、基本を販売、マーケティングにおいて、製品づくりの過程の、アイディア発想、製品開発、顧客満足を主な講演内容としている。最近では東北の地で仕事をして東北を分かっていること、第三者の視点でものごとを見られることを強みに、具体的には地域ブランドの作り方や、着地型観光企画において、ともに考える「ワークショップ」形式を採用している。

■肩書き
掛札マネジメントラボラトリー 代表

■ 資格名称等
・JMC認定販路コーディネータ1級・認定講師
・JSRA認定セールスレップ1級・認定講師
・全日本能率連盟認定 マスターマネジメントコンサルタント
・経営士  ・地域力連携拠点事業応援コーディネーター

■ 主な経歴
1948年 秋田生まれ
1970年 株式会社掛札計算センター入社 その後経営に携る
1988〜89年 経営士研修プログラム受講 経営士資格取得
1994年 独立し、掛札マネジメントラボラトリー創業 現在に至る


講演テーマ

■ 主な講演テーマ1 「地域ブランドの作り方」
・目的:地域にしかないモノ・コトから、地域ブランドを立ち上げる。
・対象者:地域を活性化したい農商工業者、及び市民(特に若者歓迎)
・内容:地域ブランド作り方の基礎、成功の法則、地域資源の組合せ

■ 主な講演テーマ2 「顧客満足は今や基本」
・目的:満足から感動へ、競合との差別化、顧客の固定化を目指します。
・対象者:中小企業経営者、経営管理者
・内容:顧客満足は社員満足から、顧客満足活動の進め方、顧客情報管理

■ 主な講演テーマ3「販売管理と事例」
・目的:広義の販売管理を専門的に学習する。
・対象者:営業、販売管理部門の中堅管理者
・内容:販路戦略、販売組織、マーケティングの基礎、販売会計、
    販売技術、販売計画、営業担当者管理、得意先管理

■ 主な講演テーマ4「創造力開発への招待」
・目的:アイディア発想を一から学び、発想力を養成する。
・対象者:発想法を学びたい方、企業研修も可
・内容:創造性とは、思考・創造性を妨げるものを取り除く、個人の創造性のプロセス、よく使われる創造技法(グループ実習を含む)他

■ 著作物・論文等
・新聞連載 「中小小売店の生き残り」 茨城県 常陽新聞
・著作 「いい病院」「悪い病院」の見分け方 共著 PHP研究所
・学会論文発表 経営診断学会 「経営コンサルタントによる企業評価」

Copyright(c)JMC. All Right Reserved.